活用方法は

監視カメラ店舗での監視では、営業しているときは人がいるため監視の必要はなく、夜だけの監視をすればよいケースが多いです。ネットワークカメラを利用した監視なら、サービスによっては動きがあればメールで知らせてくれるので、その後の対応は自分ですることができます

安全性を考えれば、警備会社に依頼をするのが最も安心ですが、コスト削減するには自分で対応するのが最も良い方法です。不審者を確認すれば警察に連絡するだけで済むため、警備会社に依頼をしなくても自分でも対応可能です。店舗近くに自宅がある場合には、監視システムサービスを利用する方がお得な監視ができるでしょう。

また、このネットワークカメラはマーケティングにも活用されるようになっています。ネットワークカメラは走っている車でも高い認識率を誇るカメラもあり、画像から車のナンバープレートを認識することができます。顧客のデーターとこのネットワークカメラを組み合わせることで、どんなタイミングで顧客がお店を利用しているのかを知ることも可能です。駐車場のゲートシステムなどにも、このネットワークカメラを活用することもでき、防犯対策だけでなく、コスト削減、顧客管理と、これからはネットワークを利用した監視カメラで管理することが一般的になりそうです。